ブログトップ

Art studio * kaorino

kanonlife.exblog.jp

続、弟君の悲劇(>_<)

一応、記録として書いておきたいと思いますが、
ここからは、痛い表現があるので、苦手な人はご遠慮下さい*


病院までの車中、「どうか軽くて済みますように!」
「薬もらうだけで済みますように!」なんて祈っていたけど、
いざ、診てもらったら、先生一言「縫おか!」

はぁ~。
もう、泣けてきました。
こんな2歳の子の舌を縫合しなければいけないなんて。
想像しただけで、胸が苦しくて卒倒しそうでした(>_<)

でも、縫うほうが治りが早くてきれいに治ること等説明を受け、
いざ、手術。

ここからは、もう号泣の嵐。
もう、詳しくは書けません。
舌に麻酔は打つものの、2歳児にとったら相当な恐怖だよね(泣)

そんなこんなで手術は無事終わったけれど、
舌の違和感と痛みで、何も食べれない状態。
食べたいのに、食べれない。 可哀そうで可哀そうで。

一週間後に、今度は抜糸をするそう。
これまた、可哀そうだ(>_<)


子供って、目を離していなくても、何をしでかすか分かりません。
まさかと言う事態が、突然起こることがあることを、
今回、実感させられました。

そばで見ていたのに、何でこんなことになってしまったのか、
本当に悔やまれて、弟君に申し訳ない気持ちでいっぱい。
小さな身体で痛みに耐えて、それでもニコニコ笑ってる顔を見たら、
余計に胸が苦しい母です。

どうか、早く完治しますように*
[PR]
by kanon-ff | 2012-03-12 13:15
<< 旅立ちの日に 弟くんの悲劇(>_<) >>