ブログトップ

Art studio * kaorino

kanonlife.exblog.jp

卒ぽっぽ

昨日は、弟君の「卒ぽっぽ」の日でした。
8カ月の頃から、約2年間、週に2日程お世話になっていた、
チャイルドマインダーさんの「ぽっぽのおうち」を卒業です。

お兄ちゃんの頃から合わせると、約5年間。
たくさんたくさんお世話になったぽっぽちゃん。

親も親戚も近くにいない私たち。
仕事の時のみならず、急な用事や自分の体調不良、
ちょっとした息抜きの時に、本当にいっぱい助けて頂きました。

最初、お兄ちゃんを1歳で預けようと決めたとき、
さんざん悩んだ思いを、ブログにも書いていました。
親が近くにいたら、どんなに良かっただろうと何度も思っていた頃でした。
子供を他人に預けると言うことに、罪悪感を抱く日もありました。
ましてや、当時まだメジャーではなかったチャイルドマインダーという職業。
不安はいっぱいありました。
でも、そんな不安も悩みも吹き飛ぶくらい、
ぽっぽのおうちで過ごす子供たちの笑顔は輝いていて、
それを見つめてくださる、優しいぽっぽちゃんの笑顔に安心したものです。

だから、私も預ける時に「ごめんね。」なんて思わなくなりました。
「元気にいっぱい遊んでおいで。ママも頑張って来るね!」。
そう思えるようになって、子供も変わってきたように思います。

4月になって新しくぽっぽのおうちに仲間入りするお友達やお母さん。
きっと、あの頃の私のように不安な気持ちや申し訳ない気持ちをお持ちでしょう。
でも、大丈夫!たくさんの愛情と情熱で、ぽっぽちゃんは包んでくれています。
子供たちにはもちろんのこと、何よりママたちの心強い味方になってくれると思います。


そんな、ぽっぽちゃんから、素敵なプレゼントを頂きました。
それが、こちら!
b0149834_1410255.jpg

見た瞬間から泣きました(笑)
弟君の初めてのお預かりの日からの厳選された写真が40枚。
一枚のシートになっていて、真ん中にはメッセージが。

2人目ということもあって、
家での写真の枚数もお兄ちゃんに比べたら少ないし、
全くと言っても良いほど、アルバム整理も出来ていないので、
こんな風にしてもらったものを頂いて、本当に嬉しかったです。
こんなに小さかったんだね~。楽しそうだね~。と言いつつ涙。涙。

家で見た夫も、ミルク飲んでる。ハイハイしてる。なんて言いながら、
結構長い時間眺めていました^^

毎日、朝から晩まで大忙しの中、1人1人の写真を選んでの作業。
本当に大変だったでしょうに。その心にも本当に感涙です。

毎週のようにお邪魔してきたぽっぽのおうちに、
来週から行かなくなるのは寂しいし、
元気なりょうぴんさんの笑顔にしばらく会えなくなるのも寂しいけれど、
もしも、もしも、3人目なんてことがあったら、
その時には、またよろしくお願いします(笑)

これからも、また違った形で、「ぽっぽのおうち」やりょうぴんさんと
お付き合いさせて頂けることを楽しみにしています。
そして、これからも、子供たちやママの笑顔の為に、
ますます活躍されることを祈っています!
[PR]
by kanon-ff | 2012-04-06 14:32
<< 弟くんの入園式 春の嵐の去った後 >>