ブログトップ

Art studio * kaorino

kanonlife.exblog.jp

旅立ちの日に

今日は、近隣の小学校では卒業式。
来週には、幼稚園も卒園式ですね。
ご卒業の皆さん、そしてご家族の皆さんおめでとうございます。

先日書いたように、ピアノの生徒のRちゃんが
卒業式で歌う曲の伴奏者として、練習頑張りました。

曲は、「旅立ちの日に」
この曲は1991年に、埼玉県の中学校の校長先生の作詞、音楽の先生作曲で、
自分たちの学校の生徒たちへ、サプライズで贈るために、
つくられた曲だったそうです。
それが感動を呼び、今では全国で歌われるようになったそうです。

話には知っていましたが、ちゃんと曲を聴いたことがなかったので、
Rちゃんが弾くことになってから、ユーチューブで検索してみました。
これは、たくさんある動画の中から、気に入ったものの1つですが、
良かったら見て聴いて、感動を味わって下さい。


こうしてイメージを膨らませて、Rちゃんのレッスンにも関わってきたわけですが、
最初は、もちろんたどたどしい演奏だったし、
学校の練習でも「緊張してしまう~。」と悩んでいたけど、
数日前の最後のレッスンでは、本当に心のこもった、あたたかな演奏だったので、
思わず聴いていて、涙があふれそうでした。

きっと今日も、そろそろもうすぐ、
素敵な思い出の旋律を彼女らしく奏でることでしょう。
ホントは、こっそり保護者にまぎれて、見に行きたいくらいです^^


5歳から習いにきてくれたRちゃん。あれから7年。
春からは中学生ということで、3月いっぱいで、一度やめることとなり、
とても残念だけど、「また時々来るから!」と明るく言うRちゃん。
「先生、最後の日泣いたらあかんで!」とちょっと涙目で言うから、
今にも涙がこぼれそうなのを、必死で我慢したけど、ばれてるかもね^^;

こうして、私とRちゃんとの旅立ちの日もあと2回のレッスンを残すのみ。
7年間の間には、私の産休が2度あったりもしたけど、
「先生が良い♪」って、たくさん慕ってくれて、いろんな話をしてくれたRちゃん。
可愛い可愛い小さな女の子だったのにね。
すごく切なくて寂しいけれど、笑顔で最後のレッスンをしたいと思います*


Rちゃん、晴れの卒業おめでとう*
[PR]
by kanon-ff | 2012-03-16 09:05 | *音楽*
<< 弟くんの入園準備 続、弟君の悲劇(>_<) >>